双極性障害 仕事が続かない 対処法

双極性障害で仕事が続かない場合の対処法

スポンサーリンク

双極性障害は、躁うつ病とも言われ奥が深く脳の疾患です。
どのような対処法があるのか確認しましょう。

 

 

【双極性障害U型は仕事が続かない】
双極性障害は2つ分かれます。
T型は、我を忘れて暴力的な発言をしたり、態度に現れてしまい社会で生き抜くことが難しくなります。
U型では、何をやっても落ち込んでしまい、自分の気持ちに揺さぶられて、存在意義さえも見いだせない状態が続くと考えられています。

 

双極性障害U型の場合には、仕事が続かない傾向にあるようで、就職しても長く続かずに転職をくり返すと言われています。
なぜ、仕事が続かないのでしょうか?対処法といっても何か良い案があればいいのですが、とにかく双極性障害は、躁とうつをくり返し発症する訳ですので、うつ状態が長く続けば、会社に行くことが困難になってしまいます。

 

うつ状態では会社に迷惑をかけてしまうからと休職したり、復職したりをくり返すので、途中で断念してしまい職を手放す結果に繋がっているとも考えられるでしょう。
こんな状態のときにはどのような対処法がいいのか考えましょう。

 

スポンサーリンク

 

【仕事が続かないのは波があるから】
双極性障害U型の病気を抱えていると、躁うつの波が激しいのが周りの人にはわかります。
自分でも意識を持つ必要性もあるということに気がついている人も多いと思います。

 

双極性障害は脳が原因で心の病ではないとのこと。
でもその波をコントロールしながら生活することも可能です。
自分のいい面をいっぱい発見することで、生きていく術を身につけるということも対処法だと思います。

 

仕事が続かないなどストレスが原因でうつ状態に陥ってしまうと、今までの仕事を全部否定されたようで、自分がこの会社に居てもいいのかな?などと思ってしまい、会社に行くことが億劫になることで同じ職場で長く仕事が続かないこともあります。

 

 

【気持ちの変化を逆手にとる対処法】
躁うつをくり返すU型は、無理をした生活では息も詰まりやすいです。
躁状態だから少し頑張って仕事しよう、うつ状態だから今日は無理せず仕事を休むとか、自分の病気をもっと会社にアピールしたっていいとおもいます。

 

会社に迷惑かけるのではなく、自分自身を知ってもらい、それでも受け入れてくれる職場の仲間たちのやさしい気持ちが症状を和らげてくれるかもしれませんよ。
それも対処法です。

 

仕事が続かない対処法でも処方された薬はちゃんと飲んで診察も受けましょう。

スポンサーリンク