双極性障害 症状 朝起きられない 対処法

双極性障害の症状で朝起きられない時の対処法

スポンサーリンク

社会人の方であれば仕事の為、学生の方であれば学校の為、朝早く起きなければならないのですが、どうしても朝起きられないという方がいます。
そうした方はもしかしたら双極性障害を患っているかもしれません。

 

 

【朝起きられない原因は双極性障害かもしれない】
双極性障害には色々な症状があるのですが、その中に寝つきが悪くなる事、寝れたとしても睡眠が浅くすぐに目が覚めてしまう事、何時間眠っても眠気が取れない事などがあります。
こうした症状はそのまま朝起きれないという事に繋がりますので、双極性障害の方は朝起きられない事が多くなるのです。

 

眠りが浅くなってしまう為、何時間寝ても十分な休息が取れない事や、寝つきの悪さ、短時間で目が覚めてしまう事などによって朝起きられないという事も問題なのですが、睡眠によって得られるはずだった交感神経等の緩和状態が得られないというのが一番の問題でしょう。
こうした緩和状態が得られない事で体と精神は常に緊張状態となってしまうので、双極性障害の症状が悪化する事に繋がります。

 

スポンサーリンク

 

【一時的な対処法】
まず、双極性障害を自力で完治させることは難しいと考えてください。
その上で、一時的な対処法として朝起きられないという症状の改善策としては、最もオーソドックスなのは目覚まし時計を複数個設置する事でしょう。

 

距離を離して立ち上がらなくては止められない位置に置いておくとなお良いです。
ただし、これでは朝起きられない事やその他の症状の根本的解決にならない為、とりあえずの対処法だという事は忘れないでください。

 

 

【根本的な対処法とストレス軽減】
双極性障害に対しての対処法で最も良いのは当然専門医に罹る事です。
放っておくと症状はどんどん悪化しますので、それらしい症状を自覚したら早めに精神科や心療内科の受診をおすすめします。

 

自分で出来る対処法としては朝の光を浴びる事や、無理せずしっかりと休息を取ることです。
双極性障害は主にストレスが原因となっているので、朝の光を浴びることでセロトニンというストレス緩和に役立つ脳内物質の分泌を促し、仕事や学業などで無理をしているな、と感じるのであれば思い切って数日休んでしまう事も良い対処法でしょう。

 

専門医に受診することで薬を処方される事もありますので、そうした薬を飲みながら日常性kぁつを続けていく事も可能です。
夜の寝つきが悪く睡眠が浅いために朝起きられないのですから、軽めの睡眠薬を処方してもらう事も対処法として良いと思われます。

 

ただし、あまりにも薬に依存しすぎてしまうと薬がなくては眠れないという本末転倒な結果となってしまいますので、その点には気を付けてください。

スポンサーリンク