双極性障害 症状 落ち着かなくなる 対処法

落ち着かなくなる症状は双極性障害かもしれません。 その対処法は

スポンサーリンク

双極性障害では、その症状がうつ病と似ていることで治療の開始までに時間がかかることが多い傾向にあります。
なぜ、そのようなことが起きてしまうのでしょうか?それは、うつ状態が非常に長いことにあります。

 

自分の存在意義を見つけることができずに、暗い沼の底に沈んでいるようなどーんとした「うつ状態」でいることが非常に長いからです。
逆に気分も明るいハイテンションでいる時間が短いというのも、治療開始を遅らせてしまう原因でしょう。
なにかよい対処法はないのでしょうか?

 

【双極性障害では気持ちが落ち着かなくなる症状も】
うつ状態の長いと言われている双極性障害では、落ち着かなくなる症状が多いようです。
どのような症状なのでしょうか?また、対処法はあるのか確認してみましょう。

 

落ち着かなくなるというのは気持ちが滅入ってしまう症状です。
双極性障害では、自分が気がつかないことでもまわりの人からみれば、ハッキリと「何かおかしいね」と気がつくことが多いようです。
ですので、家族や友人などが気がついて、まずは対処法がないものか調べてみることもあるでしょう。

 

落ち着かなくなる症状では、1日中気持ちが落ち込む・何をしても楽しくない・イライラする・眠れない・やる気が出ずに物事への決断力が鈍る、などのことを絶えず、頭の中では考えていて、おちつかなくなることが多くなります。
このような症状が2週間以上続くことと、幻覚や妄想がなければ双極性障害であることが多いようです。

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害の落ち着かなくなる場合に対処法】
落ち着かなくなることの多い双極性障害の対処法はあるのでしょうか?対処法とはいえ、これは本人の問題でもあるので、下手にアドバイスなどをすればかえって深みにはまってしまう恐れもあります。

 

一番の対処法として考えられるのは、まず家族と一緒に生活することをおすすめします。
このような精神状態で一人暮らしはおすすめできません。
普段から一緒にいることで、落ち着かなくなる症状も、様子がおかしいことにも一早く気がついてくれる存在だからです。

 

病院で診察してもらう場合にも家族に付き添ってもらえば安心した気持ちになるでしょう。
また処方されたお薬も、症状が治まったとしても最後まで飲み切ることが大切です。
双極性障害では家族のサポートも必要ですよ。
あなたの気持ちの変化に気付いてくれますからね!

スポンサーリンク