双極性障害 症状 遺伝確率

双極性障害の症状は遺伝確率が高い?

スポンサーリンク

双極性障害は遺伝確率が高いというのをご存知ですか?「躁状態」と「うつ状態」を波のように繰り返す症状ですが処方された薬を飲んでいても完治することがありません。
しかし、躁うつの症状が全く見られなくなる「寛容」すると言われています。

 

寛容したからと言って、双極性障害においては何回も再発を繰り返してしまうので、本人が一番苦しい病気と言えるでしょう。
この病気は遺伝確率が非常に高いと昔から言われています。
本当に家族から遺伝するのか考えてみましょう。

 

 

【双極性障害は脳からくる症状】
双極性障害は、脳のドーパミンの働きが低下することで分泌量が増減してしまい、躁うつの症状が見られると考えられていますが、その多くが遺伝性であると言われています。

 

遺伝確率も非常に高いという見方があり、父親からの遺伝子と母親からの遺伝子のどこかに双極性障害の症状を発症してしまうと考えられていますが、どの遺伝子が原因となっているのかは定かではありません。
ただし、多くの組み合わせが存在して引き起こされる症状であると言われています。

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害の症状があっても悪いことだけじゃない】
遺伝確率でみれば案外とリスクがあるようにも見られる双極性障害ですが、軽躁状態であることで、ほかの人には絶対に無理な仕事でもやり遂げてしまい大きな評価を得る場合も多いようです。

 

デザインの思いつきは半端ないという見方があります。
とても有名な芸術家にも、多くの双極性障害の症状を向き合いながら仕事をしてきた人がいます。
また大企業の経営者でも、人には真似できない素敵なアイデアで事業を成功させた人もいます。

 

このように、いい面があるという点を子供にも教えてあげることで前向きに暮らしていくことができます。
そうであれば、遺伝確率を気にせずに生活できますし症状を発症することを抑えることもできますし、双極性障害を発症しないこともあります。

 

遺伝確率だけで物事を考えてしまうと未来を見据える心までも失ってしまうかもしれません。
遺伝確率など気にせずによい環境で子供を育ててあげましょう。

スポンサーリンク