双極性障害の人 接し方 注意点

双極性障害の人との接し方や注意点とは

スポンサーリンク

家族や友人、会社の同僚が双極性障害を発症したらどのような接し方が良いのでしょうか?おもにうつ状態であることが多い傾向にある双極性障害の人との接し方とその注意点について考えてみましょう。

 

 

【双極性障害の人がそばにいることの注意点】
双極性障害は脳のドーパミンと呼ばれる神経伝達物質をコントロールすることができなくなることで、躁状態とうつ状態をくり返してしまう病気です。

 

自分の家族や友人だけでなく、会社の同僚が双極性障害の人である可能性は非常に高いのが最近の傾向です。
それだけ現代病である双極性障害は社会的な問題でもあるでしょう。

 

実は、双極性障害の人には次のような問題点があげられています。
「躁状態」時には自覚症状が全くない!ということです。
言い返せば、知らない間に気分もよくなりハイテンション、しかも平気でホラも吹いてしまうなど双極性障害の人には有りがちな状態なのですが、この状態での注意点はあるのでしょうか。

 

それは、高額商品を突然購入してしまうおそれがありますので書類にサインとかしないように見張ってあげることも必要です。
また、躁状態から、一気にうつ状態に転落することもありますのでそうなると自己嫌悪に陥りやすく、自殺してしまうこともあると言われています。
これは大きな注意点ですね。
このような双極性障害の人とは、家族でも接し方について気を配らないといけませんね。

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害の人との接し方の注意点】
双極性障害の人との接し方にも、自分がどのポジションにいる人間なのかにより違いがあるとおもいます。
家族である場合の接し方と注意点ですが、普段から様子を観察しましょう。

 

躁うつ状態が見られれば、早めに病院に連れていくことです。
ただし、騙したように連れていくことは逆効果です。
本人を説得して受診させましょう。

 

友人や同僚の接し方と注意ですが酷い言葉使いで話してくる場合に何か言えば、倍以上の反論をしてきてこんな奴とは二度と話したくないという気持ちになるでしょう。
会社内でストレスチェックを実施することも必要でしょう。

 

ストレスを抱えている社員は非常に多いのでもしかしたら、双極性障害の人がほかにもいる可能性もあります。
家族を知っている友人であれば本人の状態をお伝えしてあげることも大切かもしれませんね。
そして、少し距離を置くことも大切です。
双極性障害に関する注意点よりもまわりが理解を深めることが大切でしょう。

スポンサーリンク