双極性障害 症状 薬を飲まない 対処法

双極性障害の症状がでても薬を飲まない対処法

スポンサーリンク

双極性障害を発症した場合には、精神安定剤などを服用することが治療のひとつと考えられていますが、ときには長期間にも及ぶ服用ですので、躁うつ状態の症状が強いときなど薬を飲まない身勝手な行動に出てしまうこともあります。

 

脳の病気ですのでドーパミンの働きをよくするために薬の量を増やしたり、少なくするのですが、薬を飲まないことは双極性障害の症状の緩和には繋がりません。
このように処方薬さえも拒否してしまう症状がある場合の対処法について考えてみましょう。

 

 

【双極性障害の症状には薬が必要】
双極性障害は、躁うつ病ですので、ハイテンションな躁状態と何ごとにも前向きになれないうつ状態の2つの病相を行ったり来たりする病気です。
まるで波のような線を描くことができるのですが、対処法である治療をすることで、このような躁うつ状態から抜け出すことができるのです。

 

しかし、処方薬を飲み改善できたとしても、その後の生活で予防法を取らずに、健常者と同じように生活することで、また双極性障害の症状が出始めます。
双極性障害U型であれば再発の頻度が高いと言われています。
対処法には精神安定剤をしっかりと服用することです。

 

 

【薬を飲まないなんてダメです!双極性障害の原因】
躁うつ病である双極性障害はなぜ起きてしまうのか知っていますか?神経伝達物質であるドーパミンの働きが低下する症状です。
脳幹部と呼ばれる脳の中心部分から脳全体にドーパミンが送り込まれます。
睡眠・食事などと同じように気分をよくするなど生きていく中で必要であるものを整える司令塔のような役割です。

 

しかし、双極性障害の症状にはドーパミンの働きを鈍らせてしまうことで、気分などの精神状態をコントロールすることが難しくなると考えられています。

 

スポンサーリンク

 

【薬を飲まないと治らない】
薬を飲まないと治らないという考えは正しいでしょう。
これこそが躁うつ病の対処法です。
躁うつ病には有効的である薬が多く存在しています。
薬を飲む対処法を考えてみましょう。

 

気持ちの安定には「リチウム」です。
躁うつ病で広く使用されていて気分安定剤とも言われているように再発予防には効果があります。
病気のコントロールは薬を飲まないと治らない、それこそが対処法であるということを家族や医師がしっかりと教えてあげましょう。

 

薬を飲まないと治らない躁うつ病には家族の支えが必要です。
周囲の手助けも対処法であると理解を深めるといいでしょう。

スポンサーリンク