双極性障害 症状 性格が悪くなる

性格が悪くなるのは双極性障害の症状

スポンサーリンク

双極性障害だからというわけではありませんが、性格が悪くなる症状が見受けられることがあります。
なぜ性格が悪くなるのか、その症状を確認してみましょう。

 

 

【双極性障害で性格が悪くなる症状】
双極性障害の症状については、躁状態とうつ状態とがあります。
双極性障害T型と双極性障害U型により症状の現われ方が違いますが、性格が悪くなるという症状が見られるのはどちらのタイプなのでしょう。

 

双極性障害U型に多い傾向があるようです。
しかし、もともとの性格である可能性もあるでしょう。
普段から不機嫌な態度を取っていたり、自分のわがままを通せないと怒りっぽくなってしまう人にとっては、双極性障害の症状にあわせた精神安定剤の服用により考え方などのバランスを崩してしまっていることもあるでしょう。

 

性格が悪くなる症状というのは、要するに自分の意見が通らないので不機嫌になっているとも考えられますよね。
自分でも少しは気がついているかもしれませんよ。

 

こんな不機嫌でいることで相手をイヤに気持ちにさせているとか、本当は申し訳ないと心の底で思っていたとしてもどのように自分の気持ちを表現していいのかわからないのも双極性障害の症状と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【どう対処すればいいのでしょう】
双極性障害で性格が悪くなる状態が続くのでしたら、家族でも友人でも少しだけ距離を置いてみるのもいいでしょう。
また、単に性格が悪くなる状態を周囲の人間は理解していますか?病気のことをわかっていますか?躁うつ病ですので浮き沈みがあることを理解できれば、その都度、接し方をかえる方法もあるでしょう。

 

家族の人になぜなのか聞いたことはありますか?こんな性格なんですが昔からですか?とは聞きにくいかもしれませんが、そこを一歩前に踏み出すことで、相手のことを理解してあげることができるでしょう。

 

躁うつ病には色々と周囲の人に迷惑をかけていることもあります。
そのなかの一つが性格が悪くなる状態です。
少しの優しさや思いありがあれば前向きに考えることもできるでしょう。

スポンサーリンク