双極性障害 症状 嘘をつく原因

嘘をつく原因は双極性障害の症状?

スポンサーリンク

躁うつ病である双極性障害を発症していると、嘘をつくことがあるのを知っていますか?なぜ嘘をつくのか、嘘をつく原因はどのような症状から引き起こされたものなのか説明したいとおもいます。

 

【嘘をつく原因は双極性障害の症状?】
躁うつ病の双極性障害には色々な症状が見受けられます。
そのなかでも平気で嘘をついてしまう症状があるのですが、その嘘をつく原因は双極性障害だと考えられています。

 

この症状では、たいして気にも留めていない内容でも何故だか嘘をついてしまう。
双極性障害は、脳の病気だから仕方のないことなのでしょうか?どのような嘘をつく原因があるのでしょう。

 

脳の病気である自閉症やアスペルガー症候群などと同じく、ものごとを順序立てることができずに、部屋を片付けることも仕事の段取りも上手に行うことができないのが双極性障害の症状だと言われています。
発言がコロコロと変わることもありますので、そのこと自体が嘘をつく原因であるという見方もあります。

 

スポンサーリンク

 

【嘘をつく原因がわかればどう対処する?】
双極性障害の症状が原因である嘘はどのように治すべきなのでしょうか?躁うつ状態は知らない間に発症していることが多くあります。
また、遺伝性であることもわかっていますので、子供時代に対人関係が苦手であることや、暴力的である場合には、嘘をついてしまう原因を取り除いてあげましょう。

 

このような場合が見られたら、精神状態をコントロールすることが難しいのかもしれないと、親が早めに察知してあげる必要があるでしょう。
まさか、子供の頃から精神安定剤を飲ませることには抵抗があると思いますので、服用しないまでも、嘘をつく原因などのを取り除く治療法を探してみましょう。

 

双極性障害の症状には本人も気がつかないうちに症状を発症していることもありますので、治療開始が遅くなることもあります。
しかし、決して遅くはありません。
気がついたことがあれば専門医を受診してみましょう。

スポンサーリンク