双極性障害 症状 仕事のミス 対処法

双極性障害の症状で仕事のミスが増えた対処法

スポンサーリンク

双極性障害の症状を発症しているとその症状によっては、集中力が欠けてしまい、決断することも出来ずにデスクワークをしていても、書類の整理をすることも出来ずに一向に仕事の処理ができなくなってしまうと考えられています。

 

このような症状がでてしまう双極性障害ですが、症状があるだけならまだしも仕事のミスに繋げってしまうようであれば大問題です。
このような場合の対処法があればとおもい考えてみたいとおもいます。

 

 

【双極性障害の症状で仕事のミスが連発!対処法はあるの?】
双極性障害を発症していると、うつ状態が長く続いてしまうことがあります。
会社に行くことも億劫になり、職場の人たちともコミュニケーションを取ることが難しくなってきます。

 

遅刻や無断欠勤などが多い場合には、もしかしたら双極性障害の症状なのかもしれません。
このような場合の対処法としては休職することが一番いいかもしれませんね。
無理に職場に行くことで、仕事のミスをしてしまい同僚たちに迷惑をかけてしまいます。

 

仕事のミスをどうにかしようと思っても、気力もついていけずに余計に仕事のミスを連発してしまいます。
対処法を模索しても、仕事の処理が雑になってしまいますよ。

 

スポンサーリンク

 

【対処法なんてないかも!仕事のミスで会社を首に?】
社会人で双極性障害を寛解できずにいる場合には、仕事でのストレスでいつ「うつ状態」が現れるかわかりません。
躁状態では仕事がうまくいくこともありますが調子よすぎる態度が原因で信頼されないこともあります。
躁うつをくり返すようであれば、勤務先に自分の病気を伝えていない場合には仕事のミスが引き金となり会社を首になってしまうこともあるかもしれません。

 

対処法として、自分の双極性障害について診断書とともに会社に報告することをおすすめします。
正社員であれば、余程のことがなければ症状が改善されるまで休職してみようかと言ってもらえるでしょう。

 

しかし、契約社員やアルバイトなどの雇用条件では双極性障害を発症していると伝えただけで、仕事のミスを起こしていなくても雇用契約を解除されてしまうことが多いようです。
この場合には対処法は難しいかもしれませんね。
これでは上手く働くための対処法は無いに等しいでしょう。

 

仕事のミスも笑って吹き飛ばせたらいいのにね!心から思えてしょうがないですが社会人のルールは守るべきことなので上手に乗り切れるよう気持ちを切り替えてみましょう。

スポンサーリンク