双極性障害 症状 自分がわからなくなる

双極性障害では自分がわからなくなる症状もみられます

スポンサーリンク

自分がわからなくなるほどの症状がでるということではありませんが、自分自身で何を思っていても真逆の行動を起こしてしまう双極性障害の症状について考えてみましょう。

 

 

【双極性障害のおもな症状】
双極性障害は、一般的には「躁うつ病」とも言われています。
おもな症状として、何かを感じて気分が良くなったり、何かが原因となり、落ち込んでしまうことは人間だったら誰もがあるとおもいます。

 

しかし、双極性障害の症状では自分の考えは一切関係なく、また喜ぶ理由も悲しくなる理由もないのに気持ちが急激に落ち込んでしまうことと、急激にハイテンションになってしまう症状が現れてしまいます。

 

自分では気がつかないうちに双極性障害の症状があるかもしれないほど、誰がなってもおかしくない現代病でしょう。
自然治癒することもありますが、なかなか回復しないというのがこの病気の特徴でしょう。

 

双極性障害には2つのタイプがあります。
暴力的な態度になってしまうT型と、自分を全否定することで相当に落ち込み、しかしまるで別人のようにハイテンションになるU型です。
どちらの症状も躁うつ病ですが、自分がわからなくなるとは一体どちらのタイプに入るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

【自分がわからなくなるほどの双極性障害】
自分を全否定してしまうU型では、自分がわからなくなるほどの落ち込みが現れてしまうと、薬を大量に摂取したり、死を考えてしまうほどの落ちこみようで、何を考えて行動しているのかなど、自分がわからなくなることもあります。

 

また、暴力的な態度が現れるT型では、自分がわからなくなるほど自分自身をコントロールすることが難しくなってしまいます。
突然、自分の存在意義も持てずに、自分がわからなくなるほど落ち込んでしまうと、周りの家族も友人もどのように接すればいいのか悩んでしまうでしょう。

 

気持ちの持ちようでコントロールすることができるU型であれば、楽しいことをたくさん見つけて生活するということを身につけては如何でしょう。
毎日、お花に水をあげていれば、きれいな花が咲いて、気持ちも安定してくるでしょう。
そのように日々の暮らしに少しでも気持ちの高ぶりがあれば、その積み重ねで、元気な自分を取りもどせることもあるでしょう。

 

双極性障害にかかると何もかもが失われてしまう訳ではありません。
前向きに生きようという気持ちを早く取り戻せるといいですね!

スポンサーリンク