双極性障害 家族 苦労する原因

双極性障害で家族が苦労する原因

スポンサーリンク

双極性障害は躁うつ病ですが、躁状態とうつ状態とをくり返すと言われています。
症状が全快することはありませんが寛解することは可能です。
しかし、双極性障害は再発もくり返しますのでそばにいる人を傷つけてしまったり、家族に苦労する原因になっているかもしれません。
家族がどのように接するかで症状が良い方向に向かうとも言われています。

 

 

【脳の病気である双極性障害】
双極性障害を患うことで家族が苦労する原因とは何でしょうか?双極性障害は、うつ病からはじまると考えられています。
うつの状態が長く続くことで、家族はまずどうしていいのか悩んでしまうでしょう。
何事にも気持ちを投入することができないので、学校へ行くことも会社に行くこともためらい、部屋の中に閉じこもってしまいます。
この時点でまず最初の家族が苦労する原因となるでしょう。

 

しかし、双極性障害と診断された方の多くが遺伝性であると言われています。
親が双極性障害を患っていたならば、自分も発症する可能性が非常に高いといことです。
また、両親がふたりとも双極性障害を患っていたならば、かなりの確率で発症してしまうと言われています。

 

自分が双極性障害を発症して、子供を産んでいる人にとっては、自分のせいで家族に苦労する原因をかけてしまっているのではと深く考えてしまうでしょう。
しかし、防ぐことができないのであれば、少しでも発症を遅らせてあげることもできるかもしれませんよ!

 

スポンサーリンク

 

【家族が苦労する原因を取り除くには】
躁うつ病ですので、躁状態とうつ状態とをくり返すと言われています。
遺伝性であれば、ストレスが加わらないように接することや、何ごとにも前向きになれるように育てることも必要です。
また、経験者である親であれば、子供のちょっとした動作などにも気がつくでしょう。
そうすれば、早い段階で治療を開始することも可能です。

 

苦労する原因だけを探すのではなくて、苦労しないように協力し合うことも大切な治療法でしょう。
躁うつ病とは長い付き合いになるでしょうから、ゆっくりと焦らずに過ごしたいですよね。
苦労する原因を家族で分かち合うことで、もっと前を向いて躁うつ病と過ごしていけるかもしれません。大変かもしれません。
しかし、家族だから助けてあげることもできるのでしょう。

スポンサーリンク