双極性障害1型 寛解 方法

双極性障害1型の寛解方法

スポンサーリンク

双極性障害には、大きくわけて2つの状態があるのをご存知でしょうか?双極性障害1型においては、何のまえぶれもなく、マンションや車のローンを契約したり、買い物三昧などで散財するかとおもえば、暴言で周りの人を不愉快にさせて仕事もうまくいかなくなり、自宅に閉じこもってしまうタイプ。

 

そして双極性障害2型では躁状態とうつ状態をくり返すことが多いと考えられています。
ところでこの病気は治るのでしょうか?双極性障害1型の症状では寛解する方法があるのか確認してみましょう。

 

 

【双極性障害1型でも寛解できる方法は?】
双極性障害1型の症状を確認しておきましょう。
双極性障害1型は躁状態とうつ状態をくり返しますが、日常生活する上で支障をきたしていることが多いのが特徴かもしれませんね。
まわりからすると、この人は何て突拍子もないことを言い出すのだろうと思ってしまうほどおかしなことを言いだします。

 

たとえば、かなりハイテンションになるのですが周囲が驚くほどのビックリ発言をします。
1億円儲けたとか、新しいビジネスを始めたとか、ときには数千万円するようなマンションを契約してくることもあって、見ているこっちがヒヤヒヤする場面もあります。
これだけ症状があるので、変化の違いに気がつくことができるでしょう。

 

しかし、うつ状態である期間が長いので双極性障害1型とは気がつかないで、いつまでも「うつ病」治療をしていることもあります。
一向に回復しないので再診してみると実は、双極性障害1型を発症していることがわかったと診断される方も多いようです。
こんなに治療が大変な病気なのに寛解する方法なんてあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害1型は完治はしないが寛解する!】
双極性障害はこれといった治療法がありません。
投薬でドーパミンの量を制限することだけです。
残念ですが、完治する病ではありません。

 

しかし、寛解することは可能です。
どのような方法があるのかということですが、薬を上手く飲みながら精神状態をコントロールする方法です。

 

双極性障害1型は薬を飲んだところで治るわけもない!なんて言動をしている限り寛解することは無理だと考えられています。
「自分は治るんだ」「気持ちの持ちようで病気なんて幾らでも治せるんだ」という強い気持ちを持つことこそが寛解するための方法だと言えるでしょう。
双極性障害1型を寛解する方法は自分自身を奮い立たせることかもしれませんね。

スポンサーリンク