双極性障害 離婚 対処法

双極性障害で離婚しないための対処法

スポンサーリンク

双極性障害では脳の病気とわかってはいても、理解できずこの人と結婚生活を続けていくのが不安になる人が多いでしょう。
パートナーをおもう気持ちはあるのですが、マイナス思考の家族を見ているだけでも気持ちが滅入ってしまいますよね。
双極性障害が原因で離婚を考えなければいけないケースや対処法について考えたいとおもいます。

 

 

【双極性障害で離婚、その対処法はあるのかの】
双極性障害の症状には、躁状態とうつ状態の波があるのを知っていますか?私たちは日常でも、うれしいことがあれば気持ちが昂りますし、仕事で失敗すれば落ち込むこともあります。
しかし、それは数日すれば自然に立ち直るでしょう。
ところが双極性障害で離婚を考えてしまうカップルがいることも事実です。
対処法などがあるのでしょうか?

 

双極性障害においては、1週間〜2週間は続いて、食事を摂ることも家の中を掃除したりすることも、身の回りのことされもきれいにすることができなくなってしまい、自殺行為を引き起こしかねないほどの精神状態に陥ってしまいます。
これ以外にも「軽躁状態」では躁状態が軽く続くと本人も無理をしていることもあるでしょう。

 

こういう精神状態で離婚する夫婦もいるようです。
家事や育児を放棄して自分の存在を否定することで、日常生活を送るのも困難になってしまいます。

 

対処法を考えても、この症状である人を理解できるのは家族だけでしょう。
よく話し合い、手を抜いても平気なことを伝えてあげましょう。
自分が完璧にできないことでのイライラもあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害1型の離婚原因と対処法】
双極性障害1型の症状には、突然大きな買い物をして散財してしまうことや、暴力的になり周りの人たちに迷惑をかけてしまうなど、2型と比べるととても深刻で社会から孤立してしまうケースも多々あるようです。
もしもパートナーがこのような症状ですと仕事も辞めてしまい収入源もなくなってしまうことで離婚を余儀なくされてしまうこともあるはずです。

 

対処法を考えた場合に、1型の人をひとりにすることは難しいので家族で支え合った方がよさそうです。
2型であれば治療しることで改善するのですが、1型では克服することがほぼ無理と言っても過言ではないからです。

 

家族に双極性障害がいると辛い気持ちもわかるのですが家族だから支え合う気持ちも大事だと言えるでしょう。
これこそが離婚を回避するための対処法ではないですか?

スポンサーリンク