双極性障害 原因 脳

双極性障害が原因で脳が受ける影響

スポンサーリンク

双極性障害を知っていますか?躁うつ病ですがこころの病ではなくて、脳が原因の病気です。
双極性障害1型では、衝動的な買い物をして財産を空っぽにしたり、衝動的な言動や行動で離婚してしまうカップルもいます。

 

双極性障害2型の症状では、躁とうつを繰り返してそのたびにハイテンションになり、何もかも上手くことが運ぶことと、どん底に落ちてしまうほど暗い気持ちになり何もかもイヤになってしまううつ状態を行き来するのですが、どちらにしても「脳」が原因と病気になります。

 

【双極性障害の原因は脳】
双極性障害は昔から心の病だと言われてきました。
しかし、研究の成果により脳が原因であるという根拠が次から次へと発見されて、コントロールすることが不可能な症状が現れることが脳の状態に関係していることがわかりました。

 

前部帯状回と呼ばれている感情をコントロールする組織が脳には存在するのですが、双極性障害を発症していることで、小さくなってしまうことがわかりました。

 

スポンサーリンク

 

【脳の中で起きている原因】
脳が原因で発症してしまうといわれている双極性障害ですが、どのような動きで起きてしまうのでしょうか?

 

実は、躁うつ状態を繰り返す双極性障害には、躁状態時には、ドーパミン神経伝達をストップさせることが重要であるといわれています。
いくつかある薬の中でも抗精神病薬が有効とされています。
ドーパミンの働きは、喜びなどの快楽に大きく関与していますので、神経がハイテンションになる原因を作っていることにもなります。
あまりにも神経が高ぶってしまう躁状態をフラットな状態にすることも必要なことです。

 

また、うつの状態ではドーパミン分解産物が減少すると考えられていますので、症状にあわせて薬の量も考えるようです。
うつ状態では、足りない量を補う必要があるでしょう。

 

しかし、ドーパミンの増減にあわせて薬を服用していることで、脳内の働きが低下してきて、改善するどころか再発を繰り返す方もいるようです。
病院での検査や処方薬など担当医とよく考えて決めることも必要でしょう。
双極性障害の治療には自分も勉強して治そうとする気持ちも大事でしょう。

スポンサーリンク