双極性障害2型の症状 イライラ 対処法

双極性障害2型の症状でイライラする対処法

スポンサーリンク

双極性障害は躁うつ病ですが、その症状の現われ方により2つのタイプに分けることができます。
暴言が飛びでて周りのみんなに迷惑をかけてしまうことや、いきなり大金の車やマンションなどを契約してしまう身勝手な行動を起こしてしまうのを「双極性障害1型」といいます。
それではもう一つの障害である双極性障害2型の症状についてと対処法などを考えてみましょう。

 

 

【双極性障害2型の症状】
双極性障害2型の症状はどのようなものでしょうか?特別な理由がないのに気持ちが高ぶり、テンション高めで、何をやってもうれしくてたまらない!それでいて、急に素敵なアイデアが浮かんできて、デザイナーとして成功したり、企画が通って仕事が成功するなどクリエイティブな才能が開花することもある「躁状態」。

 

何をやってもうまくこなすことができずに、身の回りのことでさえもいつも以上に時間がかかってしまい、仕事へ行くことすらイヤになってしまい、絶望的になる「うつ状態」とがありますが、まるで波のように躁とうつをくり返すのが双極性障害2型の症状の特徴です。
対処法もあるか確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害2型の症状でイライラするのはなぜ?】
双極性障害2型の症状にはイライラする症状がありますがその状態での対処法について考えてみましょう。
自分の精神状態をコントロールすることができなくなるのでイライラして八つ当たりすることもあります。

 

イライラした気持ちを抑える対処法として考えられるのは、薬の量を増やしてみるということです。
血中濃度を測定することで、薬の量を増やすことができますが、躁状態とうつ状態の波を調整することが必要でしょう。

 

精神安定剤には、イライラを改善できる薬もあると言われています。
躁うつ病ではどちらの状態においても、イライラがつきものです。
ほかに対処法があればいいのですが、何か希望の光を見つけることができれば、それが対処法になることもあるでしょう。

 

双極性障害2型の症状にあるイライラとした気持ちは躁鬱の波をコントロールすることが一番の対処法です。

スポンサーリンク