双極性障害 仕事が辛い 対処法

仕事が辛い双極性障害の対処法

スポンサーリンク

心の病気ではなくて脳の疾患だと言われている「双極性障害」を発症することで、今まで通っていた学校も職場も行くことが難しくなるという見方があります。
仕事が辛い、気持ちがついていけないなど前向きな考えもできずに悩みを持ってしまう方にどのような対処法があるのかお話しましょう。

 

 

【双極性障害U型で仕事が辛い症状と対処法】
双極性障害U型の場合には、躁状態とうつ状態が交互に訪れる、ようするに海の波のように症状が現れています。
躁状態の場合には、仕事で大きな成果を得ることもあると言われている訳は、ハイテンションな状態になるので、おもいのほか良きアイデアが浮かんできたり、仕事も順調にはかどるので、仕事が辛いとか、対処法があるのかなんて話は無縁です!

 

これは余談ですが、日本人ですと太宰治、宮沢賢治、夏目漱石、岡本太郎、海外ではヘミングウェイ、ゴッホなど仕事で成功を収めた人たちが双極性障害であったと言われています。
このように双極性障害の躁状態においては、仕事が辛いから対処法を考えるどころか、クリエイティブな仕事をすることでおもいきり自分の才能を開花させている人が多いということを知っておいてください。

 

地味な仕事は向いていません。
できることならば自分のやりたい仕事を突き進むことが、対処法になっているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害U型のうつ状態では仕事が辛い】
双極性障害U型で、うつ状態の場合にはとにかく仕事が辛いでしょう。
自分の存在が邪魔なのではないか、みんなによく見られていないのではないかと自分の気持ちをどん底まで落とすことがうつ状態での特徴でしょう。

 

このような場合には、対処法としてとにかく仕事を一旦お休みすることです。
休職して気持ちが落ち着いたら復職することを考えてもいいでしょう。
そのような行動を許してくれる会社であれば周りの同僚たちも理解を深めてくれるでしょう。

 

コツコツとした仕事よりもクリエイティブのほうが向いているかもしれませんね。
仕事が辛い場合の対処法として、自宅でも作業可能な職業を選ぶのも良いでしょう。

スポンサーリンク