双極性障害 保険加入 注意点

双極性障害では保険加入が難しい?注意点とは

スポンサーリンク

双極性障害を患ってしまうと、保険加入ができなくなる可能性があるのをご存知ですか?もちろん、他の病気でも既に症状を発症していれば、その病を受け入れてくれる保険会社を探すことはとても難しくなるでしょう。

 

また、生命保険であればほぼ確実に加入できないなんてことも話に聞きますが、申し込む際の注意点があるのか事前に確認するといいでしょう。
注意点とは、病名や症状など、加入することができない疾患がありますのでそこを確認します。

 

【躁うつ病である双極性障害でも保険加入できるの?】
双極性障害の症状は、心の病ではなくて脳の疾患です。
治療の過程において薬を長期間、服用することで一般的な平均寿命よりも短命になるとも言われています。

 

このような症状を発症している人を生命保険加入させることはまずないと思った方がいいでしょう。
それに、双極性障害では自殺してしまうほどの精神状態になることもありますので、双極性障害だけでなく、うつ病などの精神疾患を発病している方では、生命保険に加入することは諦めた方がよさそうです。

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害は医療の保険加入はできるがその注意点】
躁うつ病やうつ病などの精神的な病気を持っていると生命保険には保険加入することはできません。
しかし、医療保険であれば保険加入することができますので、保険加入するための注意点を確認しておきましょう。

 

保険料金が割高と言われています。
また持病があっても加入できるという保険会社の商品もありますので、まずはそこから考えてみましょう。
保険会社からパンフレットを取り寄せるとか、インターネットでも保険内容を確認することができますのでまずは、自分の症状に問題があるのか注意点を探してみましょう。

 

また、告知項目がある保険でしたら双極性障害が指定されているか確認してみましょう。
いくつかの注意点がありますが、できればパソコンで探して保険加入するのではなくて、自分の住んでいる地域を担当している保険のセールスマンと会って話すことで有益な情報を聞くことができますし、双極性障害でも保険加入できる商品を提案してもらえます。

 

双極性障害では加入が難しいと考えてしまいますが、注意点を確認することで入れる保険もあるということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク