双極性障害 症状が原因 離婚

双極性障害の症状が原因での離婚

スポンサーリンク

双極性障害という病名には、障害という言葉がつきますので、考え方によっては自分のパートナーが障害者なんだというマイナス思考で物事を捉えてしまう方もいるとおもいます。
双極性障害の症状が原因で離婚を突き付けられたというケースもありますし、双極性障害T型のように暴力的な症状が現れることで離婚を決断することもあるでしょう。

 

どちらにしても双極性障害の症状が原因で離婚するなんてことが起きないようにしたいものですよね。

 

【双極性障害の症状が原因で離婚?】
双極性障害は「躁うつ病」とも言われているように、特別な理由がないのにハイテンションになってしまって、物事を考える力が生まれるタイプと急降下するかのように落ち込む精神状態になるのが双極性障害U型です。
T型は、暴力的な発言や行動を起こしてしまい、またかなり値段の高いものでも衝動買いすることもありますので注意が必要ですが、自分では考えることをコントロールすることができません。

 

このような症状を家族が発症してしまったら、どう対処して良いか悩むことでしょう。
とくに双極性障害T型は、完治することが非常に難しいと言われています。
自分のパートナーである夫や妻が、思春期の子供が患うことで、今までの生活が一変してしまうこともあります。

 

暴力的な態度などの症状が原因で離婚を考えてしまうのは無理もありません。
絶えず、暴言を吐き、家の中が滅茶苦茶になってしまうのであれば、離婚しても不思議ではないでしょう。

 

U型でも、うつ状態が長く続くことで、家事や育児を放棄してしまいこともあるでしょう。
また、仕事ができないことで生活費を入れられないなど余計にマイナス面がおもてに現れてしまい自殺を考えてしまうパートナーをすぐそばで見なければいけません。
このような症状が原因であれば、離婚も納得のいく行動かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

【躁うつの症状が原因で離婚してもいいの?】
いくら大変な問題行動を起こすとは言っても、そんな症状が原因で離婚することが本当に良いことなのでしょうか?

 

一人で双極性障害を治すことは大変なことです。
家族の支えがあって、愛があるからこそ前向きに生きていけるようになるでしょう。
家族の支えがあることが一番の良薬だとおもいます。
大変かもしれませんがお互いを支えあえる絆があるといいですね!

スポンサーリンク