双極性障害 運動療法 注意点

双極性障害時の運動療法の注意点

スポンサーリンク

現代病とも言われている双極性障害ですが、躁うつ病とも言われています。
双極性障害には2つあり、双極性障害T型は、暴力的で社会的にみても問題を生じてしまうこと。
双極性障害U型は気持ちいいくらいにハイテンションになったかと思えば、この世の終わりと思えるほど落ち込む精神状態になってしまいます。
自己管理することがいいようですが、その場合の注意点や運動療法について考えてみましょう。

 

 

【運動療法がいいらしい】
双極性障害を発症しても、その後の自己管理を怠らなければ良い方向に向かうことが可能だと言われています。
自己管理といっても注意点もあるでしょうし、運動療法についてもどの程度行えばいいのか、注意点などあるのか調べてみました。

 

まずは、注意点ですが睡眠はしっかりと取るといいでしょう。
寝すぎじゃないかと思ってしまいますが、8時間くらいは熟睡した方が脳も休まりますので習慣付けるといいとおもいます。
最近の日本人は睡眠時間が短くて、もしかして現代病である双極性障害はそれが要因となっているのかもしれませんね。

 

運動療法がおすすめらしいのですがどんなところに注意点があるのでしょうか?おすすめの運動療法ですが、軽めの運動がいいようです。
水泳・ヨガ・ウォーキング・スキー・スノーボード・太極拳・サイクリングなどを規則正しく、定期的におこなうことがいいようです。
このような運動療法であれば、趣味に近い運動ですし長く続けられそうですね。

 

スポンサーリンク

 

【静かな運動とその注意点】
双極性障害には運動療法がおすすめですが、そのなかでもとくにヨガなどは効果的であると考えられていますが注意点などはあるのでしょうか?

 

ゆっくりとした動作のを行うことで、瞑想するなど動きが、マイナス思考であった考え方を前向きなものにすると言われています。
瞑想は脳を安定させますので双極性障害にはピッタリの運動療法だと言えるでしょう。

 

運動療法をすることで脳を活性化させますし、気持ちも前向きになるでしょう。
ぜひ取り入れてみましょう。

スポンサーリンク