双極性障害 原因 症状 対処法

双極性障害の原因となる症状と対処法

スポンサーリンク

【双極性障害の症状とは】
双極性障害は、簡単に説明すると「躁うつ病」のことを指しています。
双極性障害の症状では、理由がないのに、急にテンションが高くなる「ハイな状態」になることと、急激にテンションが下がる「落ち込む状態」になるのが主な症状です。
暴力的な言動や行動を起こすこともありますが、自分自身でコントロールすることが出来ずにいますし、自然に完治するものでもないので、対処法がとても難しい疾患だと言えるでしょう。
どちらにしても、「うつ」であることに間違いはありません。

 

双極性生涯の原因となる症状には2つのタイプがあります。
双極性生涯の原因となる症状の一つ、暴力的な態度になってしまうT型と、自分を全否定することで相当に落ち込み、しかしまるで別人のようにハイテンションになる双極性生涯の原因となる症状のもう一つ、U型です。

 

 

【暴力的になる双極性障害T型】
躁うつ状態の症状が激しいのがT型です。
大きな声をあげて、暴力的になります。
言動だけでなく、ときには家族にも手をあげてしまうほど暴力と結びついています。

 

このような暴力は、外の世界にも持ち出してしまいます。
勤務先でも暴言や暴力沙汰で仕事を辞めてしまったという人もいるでしょう。
しかし、ずっと暴力が続くわけではなくて、突然落ち込みます。
ただ、全般的に暴力的な症状であるために、自分自身に不利益が起きてしまいますので、マイナスにしかなりません。

 

診断することに時間を費やすため、なかなか双極性障害であると言う結果が見えずに治療が先延ばしになってしまいます。

 

 

【自分がわからなくなるほどの双極性障害】
自分を全否定してしまうU型では、自分がわからなくなるほどの落ち込みが現れてしまうと、薬を大量に摂取したり、死を考えてしまうほどの落ちこみようで、何を考えて行動しているのかなど、自分がわからなくなることもあります。

 

双極性障害U型の場合には、仕事が続かない傾向にあるようで就職しても長く続かずに転職をくり返すと言われています。
なぜ、仕事が続かないのでしょうか?対処法といっても何か良い案があればいいのですが、とにかく双極性障害は、躁とうつをくり返し発症する訳ですので、うつ状態が長く続けば、会社に行くことが困難になってしまいます。

 

うつ状態では会社に迷惑をかけてしまうからと休職したり、復職したりをくり返すので途中で断念してしまい職を手放す結果に繋がっているとも考えられるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【双極性障害の落ち着かなくなる場合に対処法】
双極性生涯の原因となる症状では、その症状がうつ病と似ていることで治療の開始までに時間がかかることが多い傾向にあります。
なぜ、そのようなことが起きてしまうのでしょうか?それは、うつ状態が非常に長いことにあります。
自分の存在意義を見つけることができずに、暗い沼の底に沈んでいるようなどーんとした「うつ状態」でいることが非常に長いからです。
逆に気分も明るいハイテンションでいる時間が短いというのも治療開始を遅らせてしまう原因でしょう。

 

落ち着かなくなることの多い双極性生涯の原因となる症状の対処法はあるのでしょうか?
双極性生涯の原因となる症状の対処法とはいえ、これは本人の問題でもあるので、下手にアドバイスなどをすればかえって深みにはまってしまう恐れもあります。

 

 

一番の双極性生涯の原因となる症状の対処法として考えられるのは、まず家族と一緒に生活することをおすすめします。
このような精神状態で一人暮らしはおすすめできません。
普段から一緒にいることで、落ち着かなくなる症状も、様子がおかしいことにも一早く気がついてくれる存在だからです。

 

 

双極性生涯の原因となる症状の対処法として、病院で診察してもらう場合にも家族に付き添ってもらえば安心した気持ちになるでしょう。
また処方されたお薬も、症状が治まったとしても最後まで飲み切ることが大切です。

 

 

【運動療法がいいらしい】
双極性障害を発症しても、双極性生涯の原因となる症状の対処法として、
その後の自己管理を怠らなければ良い方向に向かうことが可能だと言われています。
双極性生涯の原因となる症状の対処法として、自己管理といっても注意点もあるでしょうし、
運動療法についてもどの程度行えばいいのか、注意点などあるのか調べてみました。

 

 

まずは、双極性生涯の原因となる症状の対処法ですが睡眠はしっかりと取るといいでしょう。
寝すぎじゃないかと思ってしまいますが、8時間くらいは熟睡した方が脳も休まりますので習慣付けるといいとおもいます。
最近の日本人は睡眠時間が短くて、もしかして現代病である双極性障害はそれが要因となっているのかもしれませんね。

 

 

双極性生涯の原因となる症状の対処法として、運動療法がおすすめらしいのですが
どんなところに注意点があるのでしょうか?
おすすめの運動療法ですが、軽めの運動がいいようです。
水泳・ヨガ・ウォーキング・スキー・スノーボード・太極拳・サイクリングなどを規則正しく、定期的におこなうことがいいようです。

 

 

【静かな運動とその注意点】
双極性生涯の原因となる症状の対処法として、運動療法がおすすめですが、
そのなかでもとくにヨガなどは効果的であると考えられていますが
注意点などはあるのでしょうか?

 

ゆっくりとした動作のを行うことで、瞑想するなど動きが、マイナス思考であった考え方を前向きなものにすると言われています。
瞑想は脳を安定させますので双極性障害にはピッタリの運動療法だと言えるでしょう。

 

 

 

双極性生涯の原因となる症状の対処法として、運動療法をすることで脳を活性化させますし、
気持ちも前向きになるでしょう。
ぜひ取り入れてみましょう。

スポンサーリンク